ペタ姫のペーパードライバー卒業するぞぉ!

petehime.exblog.jp
ブログトップ

続・一人乗り

前回の、「初・一人乗り」後、
本当にびっくりするぐらいペタはお疲れでして、
この疲れ加減は、そうそう、お試し教習をした時以来だわ。。。と
たかだか1か月半ぐらい前のことにも、妙に懐かしさを感じていたりして…(笑)


その懐かしさとは裏腹に、「初・一人乗り」の衝撃は案外ペタの心と体を
占領していたように思います。


私の可愛い車ちゃんに早く慣れなくちゃ!という思いとともに
また、あの恐怖の加速を体験するのか!と考えると、どうにもこうにも
二の足を踏んでしまうというか・・・
わかってくれる????


ただね、ペタは毎日、早朝ウォーキングをしているんですが、
そのウォーキングの時に、駐車場にとまってる車ちゃんを見るたびに

「この可愛い子(愛着だけは湧いている)を動かしてあげないと可哀想やなぁ」と

思っていたんです。

でね、「2度目の一人走り」に出ることに決めました。

今回はもう、西島秀俊妄想が、役に立たないことは分かっていたので、
それに頼るわけにも行かず・・・

何に頼ろうかと思案した挙句(なんで、何かに頼ろうとするのん??)、
今回は、ちょっと閃きました。ふふふふふふふ(*^-^*)


神頼みをする人もいるけれど、私の場合は、
26歳の若さで亡くなった弟頼みで行こうか!!と。
この弟、本当に運動神経がよくて、単車も自動車も運転が上手だった。。。
私は私の車ちゃんの運転席に座り、弟に向かって話しかけたわ。



「姉ちゃんを守って! そしてお願いだから力になって!
なんなら、のり移ってくれてもいいからっっっ!!!!」

冷静に考えて、この発言、どうなんでしょう?(汗)


でも、そのお蔭でしょうか? あら不思議。
前回、低スピードのキープや、40キロ走行があんなに難しかったのに、
そんなことない! やだ、全然そんなことないっ!!


このままではペタに捨てられるかと思って、
車ちゃんの方が合わせてくれているのか、
それとも、ペタがいくらおばちゃんだからと言っても、
脳も体も前回、体験した感覚をちゃんと覚えていたということかしら?


きっと、そうだよね。ペタだって、ちゃんんと出来るんだよね。


そんな妙な自信を覚えたペタは、結構落ち着いて(つもりですが)、
車を走らせていました。

この車ちゃんの加速具合にびっくりした前回と違って、
信号待ちで先頭車になった時には、青信号と同時に、自ら

ぐ~~~~~~~んとアクセルを踏んで、意識的に加速している

ペタがいたことに、ペタ自身がびっくらこいてしまいました。


な、何をしているの?
な、何を楽しんでいるの?
ペタ、あなたの名前の由来は「下手」だってことを忘れたの???

こんな冷静なことを思うペタと、アクセルを意識的にぐ~~~んと踏むペタ。

どういうこと??????

あれかい? もしかして本当にあれかい?
弟よ! お前が私の中で、ちょっと楽しんだりしちゃっているのかい???


そんな現実離れをしたことを考えてしまうような展開になった2回目の一人乗り。


弟を始め、父親方の親戚は男も女も、走り屋さんの血が入っているような
運転をしていたっけ。。。

ペタは「下手」なのに、その血だけはあるんやろか?

そんなことないはず、きっとないはず、う===ん、う~~~ん、気を付けるっっっ!!!

車ちゃんを一応、エコモード、ONで走らせているのに、
これでは何の役にも立たないやん!


弟がのり移ってくれるのはいいけれど(いいのかっ??)、
今度からは、安全運転でお願いしますです。



[PR]
by petahime | 2014-06-03 08:20 | ドライブ

運転することなんてないと思っていたのに。人生なんて不思議。免許取得後、一度も運転していなかった女のペーパードライバー脱出ブログです。


by ペタ姫