ペタ姫のペーパードライバー卒業するぞぉ!

petehime.exblog.jp
ブログトップ

経験して初めて・・・

ついほんの数日前の事。
突然、おひさぁ~~な友人から連絡が入りました。

ペタ、最近、慣れないことを始めて、すっかり脳みそがお疲れ状態なのですが
おひさぁ~~~なお友達のお誘いとあれば!

というわけで、彼女のお家まで遊びに行ってきました。

ここに、書くぐらいだから、「ペタさん、自分のくるまちゃんに乗って行ったのねぇ」

なんて、勝手に思っていませんか?
ふふふふふふん。今回のお友達は運転が大好きな子。
マイカー通勤だし、土日も神戸だ京都だ奈良だと趣味の集まりで飛び回っているような子。
もち、自分の車でね。。。。

んで、おひさぁ~に会ったその大忙しの彼女の車の助手席に乗ってこんな質問をしてみました。



「なぁ、なぁ、なぁ、車っていつ洗ってるのん?」

「え? 洗えへんよ」

「はぁ~~~~? ほんまに洗えへんの?」

「いや、ほんまは洗いたいよ。でも忙しすぎて洗ってられへんねん」

「だから、基本、スタンドかな・・・」

「スタンドで洗っているんや」

「いや、だから洗ってへんって・・・」

「はぁ?」

「忙しいからさ」

「いや、そこ聞いたし・・・(笑)」

「そやっけ? ほんまは丁寧に隅々まで洗ってあげたいんやけどな・・・
そういうの結構好きやし・・・」

ペタよりも10センチ近く背が低い彼女に、ついでにこんなことも聞いてみました。

「その時なぁ、ルーフはどうやって洗っているのん?」

「ん? ルーフ? 洗えへん!!!」

こ、こいつ=====っっっっっ!
どこまでがホンマの話かわからへんやないの!!!!

んで、あなた、そんな性格でしたっけ????

ま、ペタのお友達ですからね、従順で可愛らしい子なんていないんですわ。
ペタが一番、可愛くて、優しいぐらいだもの。あははははは(オイオイ)
言うのは勝手だもんね。。。誰も知らんしぃ。ふふふふん(^_-)-☆


そんな可笑しなベテランドライバーの彼女に、

「パンクしたことある?」とついでに聞いてみました。

「パンクはないねん」

おや? マジで答えたな!!!

「もしパンクしたらどうする?」

「どやろ? ロードサービス呼ぶかなぁ? パンクは嫌やなぁ」

そこでペタ、

「私な、夏の初めにパンクしたんやん。夜やったし、どうしていいか
わからなくてさ、めっちゃ悩んで、近くの中古車販売店に行ってん」

「パンク直してもらった上に、前にこすった時にバンパーを止めているところが
一部割れて出っ張っていたんやけどさ、それもそこの板金工場で
直せるかもしれない・・・って聞いて、思わず車預けて帰って来たんやんか」



「結局、ちょっと見ただけではわからんようにしてくれて、嬉しかったんよ。
ボンド注入しただけやからっお代もいいですよっていってくれてさ・・・」


「あまりにも親切で、オイル交換はここでお願いします!っていう気になったもん(笑)」

「なんか、わかるわぁ~」

「これも、ペタがかわいいおばちゃんやからやんなぁ・・・って勝手に思ってんねん」

「いや、そやろ、世の中そんなもんやで・・・」

おや? 否定しないんですかっっっ?
どないしたんやろ? しばらく会わないうちに性格改善療法とか受けたんかしらん?
(そんな療法あるんかいな・・・)


「そん時は、親切にしてもらったから得した気になったけど、実際はな、
ガソリンスタンドに行けばいいねんて。そんな知識もないんよね。
だからすぐ、ロードサービスとか思っちゃう。」


「でも、ロードサービスの多くはスペアタイヤとの交換ってなっていて、
ペタの車ちゃんにはスペアタイヤ積んでないからぁ・・パンク修理キットって
女の子には無理ちゃう?(女の子って・・・汗)」


「あとでネットで調べてみたら、オー〇バッ〇スとかにも行くみたいよ。。。」


「なるほどなぁ・・・・」


車に関する事って、乗るまで、持つまで、実際に体験するまで
知らないことがいっぱいあるんだよね。

そのたびに、めっちゃ、ドキドキするぅ~~~。
ましてや、ペタは運転が下手なんだから、さらドキドキが2乗3乗になっているんだからねっっっ!!!(自慢???)

車にのる家族がいればわかることでも、そうじゃないとチャンスもないしね。でしょう?

yahoo知恵袋でも、ガソリンスタンドの使い方や、洗車のこと、そしてパンクの対処法についても結構挙がっていたもの・・・


みんな、疑問、不安に思うのは同じってことなんだよね。
 



[PR]
by petahime | 2014-09-03 17:49 | ドライブ

運転することなんてないと思っていたのに。人生なんて不思議。免許取得後、一度も運転していなかった女のペーパードライバー脱出ブログです。


by ペタ姫