ペタ姫のペーパードライバー卒業するぞぉ!

petehime.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ペーパードライバー教習 ( 12 ) タグの人気記事

早かったなぁ~~、この1か月ちょっと。
とうとう最後の教習となりました。

最後は、私のたっての希望で夜間教習。

ペタは免許を取得してから一度も運転していなかった
超純粋なペーパードライバーだったわけだから、
当然のことながら、夜の運転なんてしたことがなかったのよ。

だけど、一人で乗るようになったら、

「夜はお出かけできません!」なんていう訳にもいかないでしょう?

だから、どうしても教習を受けておきたかったの。

今回のスタートは18時半。
この時期としては、十分に明るい時間からのスタートです。
そう、この明るい時間から日がとっぷりと落ちるころまでを
経験するのがこの教習の目的。

実はペタ。
晴れた日の、夕暮れ時から日が落ちて、とっぷりと暮れていくまでの
空の色の変化が大好きなの。。。。

そのことを指導員の高田さんに話して、車を走らせながら、

「ほら、さっきまでと空の色が違ってきているのが分かります?」

と聞くと、

「ごめん、全然分かれへんわ」
とそっけない態度。

う~~~ん、これまたペタオンリーの独自の世界なのかぁ・・・

そうそう、この夜間教習では田舎(失礼かしら)を走ります。
街中では、明るすぎて夜間教習の意味がないからだそう。

金曜日の夕方は道路が混んでいて、当初予定していたコースとは
違うコースを走ることになったけど、
それでもすっかり日が落ちた山里を走るのは、ものすごくいい体験に
なりました。

街灯もままならない道路では、人も自転車もすっかり景色に溶け込んで
なかなか視界に入ってこないんだもの!

何気に電柱の陰に動くものを見つけて

「もしかして、人がいるのかしらん?」
と頭に浮かんだとき、高田さんが、

「人がいるのが分かる?」と聞いてきたので、

「かすかに見えた」と言おうと思っていたら

”何気に”と、”かすかに”が合わさって

「かすげに!」と口走っていたペタ。


「何、それ、言い間違い? かすげって何の言い間違いや」


う、う、う、う、う.....(涙)
こういう時にペタは上手に説明することができません!とほほほほ(:_;)


最後の最後まで、クールなペタをお見せすることが出来なかったのが残念です。
(そんなペタ、おるんか?って思われているやろなぁ。 
どっかには居るはずなんやけど…)

夜間走行は昼間走るよりも、ずっとずっと疲れました。


最後にいつも通り、車庫入れして終了。今回もぴったり(^^♪
「ペタ姫さんの強みになるで。自信が持てるものがあるのは。
あと、右左折ではなくて、カーブ走行が苦手なので、気を付けること。
慌てないこと、迷ったら急がず、慎重になること」

とのお言葉をいただいて、最後の教習も終了しました。

星を見つけては、「星がいる」とはしゃぎ、
上空の飛行機を見つけては、「飛行機、見える?」と
まるで子供のような反応をしていたペタ。
夜だし、最後だからテンション上がっていたのかな?
いや、きっとなんだか寂しい気持を隠していたんだね。。。ふふふ。


いやぁ、高田さん。
ほんまに大変やったでしょう?
ご迷惑をおかけしました。
でも、ペタは時に鋭く落ち込みながらも、
楽しく教習を受けることができましたよん。

南大阪エリアで、ペーパードライバー教習を受けたいと思っているなら、
シーズドライビングスクールさんはおすすめです。

だって、ペタに根気よく20時間も付き合ってくれたんですもん(笑)
そして、これから、ペタは独り立ちの始まりです。




[PR]
by petahime | 2014-05-24 11:49 | ペーパードライバー教習
とうとう前回、予告していた高速教習の日がやってまいりました。

私が住んでいる辺りだと、阪神高速を選ぶか
泉南・和歌山方面へ向かう阪和道を選ぶか
奈良方面へと向かう西名阪を選ぶかになるのですが…

以前、予約変更をした後の時間調整の話の時に
どの高速を走りたいか・・・ということになりまして

私は西名阪を希望したのでございます。

何故か?というと、
ここに来る数少ない読者の中で、覚えている人がいるでしょうか?

あれは確か、セルフのガソリンスタンドの使い方を教えて
もらった授業の時のことでした。

ペタが
「山越えしてみたいなぁ~」と言ったのです。

それを実現できるのが、この西名阪コース。
大阪から奈良に向かうには、どうしても山越えないと
行けないからねえ。。。

「高速やのに、山越え、関係ある?」とお思いでしょう?

実は、この高速教習。
行きは地道で目的地まで行き、帰りに高速を使って帰ってくる
という、なんとも魅力的な授業なのです。

そのせいで、2時限連続教習。

行きは多少カーブのある山越えコースです。
でも、峠越えではないので精神的にも案外、すいすい。

だけど、ペタ。
赤信号で、停止線でないところに止まっていたり…と
ちょっと考えられないミスをしていました。
なんでやろ? 普段走らないところでウキウキ興奮したんやろか?

予定よりも早く目的地に着いていまったので
ちょっとぐるぐる走りました。
ここでも普段しないミスを・・・

もう卒業やのに、ペタは、何をしているんやろか?

指導員の高田さんにも、
「そんなミス、初めてやろ? どうしたん?」と
言われてしまう始末。とほほほほ(:_;)

折り返しの高速教習に入る前に、ちょっと休憩。
お茶の時間です。
私が教習を依頼するために、初めて連絡を取り合った時の、
想像を絶するボケボケの天然状態が話題になり、大笑い!

高田さんにその時のペタの天然ぶりを
「右と左と違う靴を履いて出かけて、
一日中気が付けへんぐらいの話やで」


と言われ
「去年、実際に右と左と違うブーツ履いて
一日中、仕事したことあるの」

「ヒールの高さが微妙に違っていて
骨盤歪んでいて、脚の長さが違うんかな?
と思っていたら、ブーツが違っていたのぉ」

と話したら、完璧に呆れられました。

客観的に見ると、私の天然ぶりはかなりのものだと
今更ながらに思います。はい。
高田さん、ほんまにいつもご迷惑おかけしてますよね(:_;)

で、高速です。
気を付けないといけないのは、合流と料金所。
この二つの課題はクリア。
でもね、昔、自動車教習所で高速教習受けたときより
ペタはスピードを出せなくなっていました。

90㌔ぐらいで走っていて、100㌔は出せなかった。
年かなぁ? 

高速を降りて、自宅に戻り車庫入れで終了。
あまりにもぴったり入ったので、ちょっとびっくり(@o@)

でも、今回は自分でも信じられないミスを3回したので、
一人立ちが近づいている今、ちょっと(いや、かなり)落ち込みました。

しっかりしなさい、ペタ。
間もなく、補助ブレーキなしで一人で判断し、
助けてくれる人がいない状態で運転するんだからね。

そんな反省の言葉ばかりが、頭の中をぐるぐる回っていたのでした。

次回は最終、10回目。
夜間教習です。


[PR]
by petahime | 2014-05-21 08:35 | ペーパードライバー教習
ふふふふふ。
教習に関しては、雨女をすっかり返上しているペタ。
今日もいいお天気です。

今回の教習は、自分の希望のコースを走るということだったけれど、
ペタの希望は

「踏切を渡りたい」ということだったの。

前回、指導員の高田さんに、「希望はあるか?」と聞かれて

「特にないけど、踏切は渡りたいの」と答えたペタ。

そしたら、

「この先の残りの教習はずっと踏切を渡るコースの予定している」と
伝えられ、

「なら、いい(*^-^*)」とご機嫌で答えた次第でして。。。

今までは、狭くて難しいところを通る練習をしていたのだけれど、
駅近に住んでいる限りは、踏切を渡らないとね…でしょう?

踏切を渡りさえすれば、後は道幅が広いので楽なんだけれど、
踏切付近はいつも混雑。。。

特に夕方なんて、それはそれはすごいものなのよね。

で、踏切を渡って、今日もどこに行くかは指導員の高田さんにお任せ。

「今日は、ちょっと市内を走ってみようか」

うほっ! 今日は大阪市内なんやぁ。。。
そりゃ、市内の交通量の多いところも経験しておかないとね。

もちろん、混み混みの道路を経験することが目的。

ところが、なんでやろ?
今日の道路はすいていた(汗)

それでも、普段走っている景色とは全然違っていて、とても新鮮。

その上、若かりし頃、付き合っていた彼氏の住んでいたエリアも
走ったりして、妙に懐かしいやら、昔が思い出されるやら(笑)

ま、余談ですが・・・

この日も、ちゃんと車庫入れはやりまして・・・
あれ? やだっ! 一発で入らずに切り返ししちゃった。

でも、大丈夫。大丈夫。
ペタ、車庫入れは苦手じゃないの!

こう、思いこむことも絶対に大切よね。

なんか、行ってしまえ===!的な性格が
時々運転していて現れるのが、ちょっとマズいな・・・
と自分でも自覚しております。

行ってしまえ==の上に慌てるんだから、
ほんまにヤバいぜ。

次回は、高速教習。
ほんまに残り教習時間を大切に大切にしていかないと・・・
そう、思うペタなのです。


[PR]
by petahime | 2014-05-16 20:38 | ペーパードライバー教習
いよいよ残り回数が少なくなってきました。

ペタ、前回までの車庫入れ練習で、何となく車庫入れに関しては

「イケてるんとちゃうのん?」
と勝手に思い込んでおります(笑)

それを確認するのが、この6回目の教習。

指導員の高田さん曰く、

「車庫入れの練習は今日まで。これからもしてもらうけれど、
練習としては、今日までな…」

「今日は、とにかくあちこちで車庫入れしてもらうよ。数こなしてもらいます」


そうなんです。
いつも決まった景色で車庫入れしても、練習にならないということで
車を走らせながら、商業施設を回って車庫入れ。

家電量販店や、温泉施設、スーパーなどなどなど…
立体駐車場は狭くて、暗かったなぁ~、ホント。

ここで、調子づいたこと言ってもいいですか?

ペタ、車庫入れ、全然苦痛じゃないっ!!!

狭い場所でも大丈夫!
隣に車があっても気にならない。
それどころか、目安ができて却って入れやすいと思えるほど。。。

ほんまに調子づいたこと言っているけれど、
これは、すべて指導員の高田さんのお陰だと思う。
どんな状況でも、車庫入れできるように特訓してくれたから。。。

それより、
ペタの問題は、走っているときのとっさの判断が甘いこと。
そして、大きく慌てること。

「それは、老化ってことなの?」

とペタは聞いてみました。すると、

「そうじゃなくて、経験。慣れやよ」

「ドライバー歴が長いほど、
そういう判断はどんどんよくなるねん」

そうなんやぁ~。そりゃ、そうよね。
これを慌てなくなった時、ペタも一人前のドライバーに
なったっていうことになるのでしょう。

経験かぁ~~~。頑張ろう!
あと、残り回数も少ないし、その間に少しでも高田さんを頼らずに
自分で慌てず判断できるように、なりたいものだわ…

といつも調子づいているペタも、殊勝(当たり前やろ)な
気持ちになったのでした。



[PR]
by petahime | 2014-05-15 11:59 | ペーパードライバー教習
すっかり雨女を返上していたペタ。
天気予報によると、今回は雨!のはず・・・

だったのですよ。

前回の終了際に、

「次回は天気予報では雨です」

というペタに

「雨の日の練習もできて良かったやん。晴ればっかりでもなぁ」

と話していた指導員の高田さん


雨の時の練習は、今回もできませんでした。
ポツポツとしか雨が降らなかったから・・・ホンマは雨女のはずなのに…

でね、今日の本題。
今日は左からの車庫入れ。

左からの車庫入れは、入れる場所がしっかりと見えないので(最初)、
勘頼りです。

今回はその勘頼りで何とか入れることができたペタ。
ミラーも一生懸命見たよ(^_-)-☆

前回はアリさん(カメさん?)ブレーキがものすごく下手だったけれど、
今回は苦手のアリさん(カメさん?)ブレーキも克服して
我ながら

「ペタは失敗から学ぶ子なのよ(子じゃないけど)
なんて思ったような、思っていないような(笑)



左からの車庫入れ練習を終えて、またちょっと車を走らせに。

今回は中環など交通量の多い道路を中心に走りました。
大分、視界も大きくとれるようになってきて
自分でも走っていて、かなり楽になっているのが分かります。

教習も折り返し地点を過ぎているので、自立できるようにしておかないとね。

戻ってきて、また、左からと右からの車庫入れ。

今まで、あんまり褒められたことないけれど、

「ペタ姫さん、車庫入れは上手い方なんちゃう?」

と言われました。

「やった==!」

でも、その続きがあるんです。

「こういう頭を使うようなことではなく、普通に道路を走っていて
簡単なことでミスするよなぁ

あ、あ、あ、あ、あ、あ、そ、そうですね。
マジ、それってホンマのことやけど、ヤバいやんかっ!

次回はこのミスもなくしていかないと、自立できひんなぁ。
また、頑張るぞっ(#^^#)


[PR]
by petahime | 2014-05-12 16:20 | ペーパードライバー教習
今日もいいお天気(^^♪
前回の教習から、1週間以上開いたのでめっちゃ
久しぶり感がありました。。。

最初の頃やったら、1週間開くとちょっと不安やったかも…
たぶん「大丈夫か、ペタ?」
そんなことを自問していたんとちゃうかしらん?

まずは、いつものように指導員の高田さんと明るく挨拶!
そして

「久しぶりですね。ペタ姫さんに会えなくて
寂しかったわぁ」
と笑う高田さん。

「うわぁ~、先越されたぁ。悔しいっ!
私が先に言いたかったのに~」
と悔しがるペタ。

私ら、何の勝負をしているというのでしょうか?
ということで、
こんなお決まりのリラックスした空気で今日も始まりました。

私が予約の変更を行ったので、ちょっとだけこれからの
進め方の話をして、いよいよ今日の本題へ…

車庫入れでございまする。
今日は右からの車庫入れ練習です。

最初、目指すところに入れようとするのですが
どうしてもハンドルを切るタイミングが遅れがちで
右側が大きく開く結果に・・・

図とミニカーを使っての説明を受けた後、
「試しに、僕がやってみるで」と
ハンドルを切るタイミングが遅れた場合と
早かった場合の2パターンを実践してみせてくれました。

それも、助手席からのハンドル操作で!!

す、すげぇ!やっぱりあなたはスゲエよ、高田さん!


「説明もしたし、もうできるやろう?」と言われて

「逆上がりと一緒で、理論が分かっても体が分かってへんかったら
できひんのよ」と返すペタ。

ま、返すだけ無駄ですよね。だって、練習するしかないんだから!

一通り練習して、要領は分かったけれど・・・・・・・・ペタは
ブレーキの利かせ方と、ハンドル回すスピードが合っていないんだ。
だから、厳しいのよぉ。。。とほほほ(-_-;)

車庫入ればかりしていたらいやになってしまうので、
「ちょっと走りに行こうか」との一言で、一息つけました。

あんなに道路走るのが怖くて、ど緊張してたのに、
下手は下手なりに、「走りに行こうか」の一言で一息つけるなんてね。

そうならなきゃ、困るんだけれども、
そんな変化に、何とも言えない気持ちになりました。

戻ってきて、また車庫入れ。

どうして、足(ブレーキ)とハンドルの操作が上手にできないんだろう?
どちらかに意識が行くと、必ずもう一方がおろそかになる。。。
これを克服せんとなぁ~。

車庫入れ練習の最初に言われた言葉

「車を前に出して切り返ししてもいいけれど、前に出さんと入れられたら
ペタ姫さん、車庫入れ上手やなぁと思われるやん。そういう、車庫入れ
目指そうや!」

いや、ほんまに目指したいよ。
そのためには克服せんといかんことがまだまだある。。。

次回は左からの車庫入れ!
う~~~~~ん、次回も頑張りまする(^^)/




[PR]
by petahime | 2014-05-09 17:04 | ペーパードライバー教習
私、どうやら雨女は返上したようです。
お天気もよく、気温も高い!
初夏だぁ~~~(#^.^#)
そういえば、今回初めて車の中で風を感じたような…
エアコンが使われていましたぁ。

スタート時、指導員の高田さんはいつもの満面の笑顔で車を降りて
迎えてくれたのですが、今回はいつもと違ったことが・・・

そうです。
私が最初から運転席に座って始めることになりました。
今回から難所越えてからのドライバー交代劇(?)はなくなったのです。

「そろそろ最初からって言われるような気がしてた…」
と話すと
「そうなん? そう思ってたんやぁ」と言われました。
いつまでも、お任せ💛ってわけにはいかんわよね。
私、一人で乗れる子(?)になりたいんやから…さ。
(これ読んでいる人がいたら、お前、何しに行っとんねんって呆れているやろなぁ)

どうにか難所越えをして、今日も教習開始。
コースもちょっと山側を走ったりして、少しだけドライブ気分。

「これを越えると奈良県やで」教えてくれたので
「山越えできたらいいなぁ」と話すと
「誰でもできるやん」と言われました。
「でも、今の私は無理!」だもんね…
ただ、緑いっぱいのところは気持ちが良かったです(#^.^#)

そして今回は、セルフのガソリンスタンドの使い方を教わりましたよ。

「これからはセルフスタンドに変わっていくから、覚えておいた方がいい」
ということで。。。
でも、確かにそうよね、それにセルフスタンドの方が安いしね。
本当にありがたいですわ、こういうこと。

蓋(栓)の開閉の時に

「どっちに回すと蓋が緩む?」と聞かれたので、

「のの字の反対」って答えると

「そうやね、でも、若い子はのの字ってそんなん
判らへんで。僕は分かるけど…」


と返されました。

そうかぁ~、こういう言動の端々に年代っていうのが現れるのね。
気を付けないと(ってなんで?・笑)

車線変更の仕方を図と動画で説明してもらって、
実際の道路でも、何度か試してみる。。。

途中、サイドミラーに映った単車が譲ってくれたのですが、
そのミラーに映った単車を見て

「単車が止まっているから譲ってくれた...」と右車線に移ったわたし。
そこですかさず、
「止まってないで。速度が一緒になったから止まっているように見えただけやん」
と指摘されましたの。

そう、そう、それなのよ。
それを言いたかったんだけどね、ペタは思わずミラーから見えた
その現象を、「止まっている!」と口走っていたわけなのよぉ・・・

ほんまに、いつものことながら、ボケかましておりまする。


最後に自宅近くの駐車場で、車を入れてみることに・・・
バックでの車庫入れ。ハンドルとタイヤの向き・・・むむむむむむ!?

ふ=====っっっっ! 次回も、頑張りまする。

[PR]
by petahime | 2014-05-03 22:31 | ペーパードライバー教習
ペーパードライバー教習2日目。
この日もいいお天気。
私が、雨女であることが本当に嘘のよう。。。

以前、書いたことがありますが、ペタの住むあたりは
駅近で人・自転車多し。道幅は狭いくせにバス通りである、
というちょっとペーパードライバーにとっては
いやな環境なんです。

そういうこともあって、お試し、そして一日目とスタート時は
指導員の高田さんが運転、難所を超えたところで私と交代、
というスタイルでこの2日目の教習まできました。
「今だけやで、そのうち最初から乗ってもらうよ…」と言われましたが

そりゃそうよね、それを習うために受けているんやから。

交代後は今までと違う方向に曲がり、なんとなくワクワク。
だって、ほら、右折中心コース、左折中心コースときて
今までと違う方に行くと、また新しいことがある感じがするじゃない?

で、今までと違ったことといったら何だろう?
トラックなどの交通量が多かったこと。
お陰でトラックの後ろを走るときの注意事項、
車間距離の話、過積載なと積み荷の話などを聞けました。

あと側道に入ることが何度かあったこと、
片側1車線だけど、交通量が多く、人も自転車にも気を付けないと
いけない道を走ったこと・・・かしらん?

これは私の的外れかな? どうだろう?

途中PLの塔が大きく見えて、その形の意味(由来)とか聞きました。
当然のPLの花火の話もしたりしてね。

毎回、違うコースを走るのに、いつもちょうど100分で終了するように
戻ってくるので、

「今回も時間ぴったりで戻りそう…プロってすごいなぁって思う」と
話すと
「今日は思っていたより時間がかかったから、途中コースを短縮した」って
言ってました。


そして、何よりも終わり掛けにちょっとした変化が・・・
家の近くまで来てこんなことを言われたんです。

「さあ、じゃ、今日はこのまま交代せんと終わりまで行こうか!」

「えええっ?」
と私。
とうとう、あのペーパードライバーにとっての難所を私が行くのか!!!

「大丈夫、いざとなったら僕がハンドル補助するから・・・」


「あは、分かった、任せる💛」

ここでちょっと「おいおい」的な空気が流れたので

「だって、私、姫だからぁ~」

と言ったら大笑いされました。
(すんません、ほんまに「習う気あるんか!」的な発言で・・・)

結局、あわわわわな出来になってしまって、
またまた高田さんに大きく頼ることになってしまいましたの。。。
とほほほほほ(-_-;)

「ま、次回頑張ればいいさぁ~!」とまた気持ちを前向きに持って行った
ペタなのです。

ほんまに手がかかるわぁ~~(私のことね)


[PR]
by petahime | 2014-04-26 21:04 | ペーパードライバー教習
ペーパードライバー教習、本格的に開始です。

前回の「お試し」の時の、あまりにも自分の「できない子」ぶりに
すっかり落ち込んで、心身ともに疲れ果て、少しだけ
「このまま車に乗られへんくても死ねへんで」という心の声が
一瞬聞こえてきたときもありました。

でもね、「乗れる自分の方が乗れない自分よりも好きになれる」

その基準で、「やっぱりこのまま受けよう!」と決心。


この1回目の教習の時に
「私、凹み系なんですよ」指導員の高田さんに話すと

「誰が?」と返され、

「いや、私、私。私、ほんまに凹み系なんです」

「凹み系?って初めて聞いたわ」

「そう? 私めっちゃ凹んで、でも一晩寝たら治ったの」

「それ? 凹み系なん? それは心、強い方なんとちゃうのん?」

あれ~~? そうかしらん? 私こころ強いんやろか???
そうかしらねぇ???と思いながらも、この日は前回と違うコースへ。

前回のフラフラぶりからは解消されているけれど、
まだまだ自分でも安定していないなぁ~~と感じる出来。

で、車を走らせていてふと思った。

「前回(お試しの時)は、右にハンドルを切ることが多かった。
そして今日は、左にハンドルを切ることが多い・・・」

そうなんだぁ~~。
ペタのような「あかん子ちゃん(実際はおばちゃんですが)向けに
段階を踏んでのコース設定になっているんやわ」

そう思うと、さすがにプロやなぁ・・・と心の中でつぶやいたわ。

え?そんなん考えられるほどに余裕出てきたやん!って・・・?

あははははは。全然だけどね。
対向車を見たり、バイクのナンバープレート(変わっていたの!)に
見とれたりして、真ん中による傾向アリ。。。
で、時には左に寄っていたり・・・
車って、当たり前やけど、見た方に行くのよねぇ。。。とほほ(:_;)

そのあと、駐車場で試しに駐車してみたら、まったく違うところに!
ンんんんん。前途多難!

でも、自称凹み系のペタはおばちゃんやから、図々しく行くわ。
頑張る!


ほんまにこれからもお世話になりまする。


[PR]
by petahime | 2014-04-23 23:01 | ペーパードライバー教習

いよいよお試し体験教習

知る人は知る雨女のペタ姫ですが、お試し教習当日は快晴!

予約時間の5分前に電話があり、私はドキドキでお家を出ました。
車の近くまで行くと、
「ペタ姫さんですか?」と満面の笑みで車から降りてきた男性。
「そうかぁ…この方が指導員さんなのねぇ」と挨拶しながら思う私。
「絶好のドライブ日和ですね」の言葉にも、
「実は私雨女なんですよ」と何となくテンションさがるような言葉を発するペタ。
だって、なんかドキドキでそれどころじゃないんだもん(笑)

車の中で一種のカウンセリング。

・どうして申し込んだのか…
・目標は何か、ここまではできるようになりたいということはあるのか等々

私は確か、
「狭い道も、交通量の多い大きな道も走れるようにしてください。
そして何よりも、そこ(駅前通り)を走れないと話にならないので
そこをクリアしたい」と話したと思います。

「ここは僕らでも余り通りたくない場所。通らなくていいなら
この道は通らないもの」という話だったので、
「やっぱり、ここはクリアせんとなぁ~~」と改めて思った私。

そして、
「お試し体験教習では、どのくらいの時間で目標に到達できるように
なるかの技能チェックを受けることもできますが、どうしますか?」
と聞かれたので、

「私は受講するなら10日間(20時間)でお願いしようと思っているので…」と
お話ししました。そして
「とにかく一人でどこにでも行ける子にしてください!
(子って・・・💦)」とお願いしました。

ということで、その技能チェックを受けなかった私ですが、
このシステムはとても便利だと思います。
だって、余分なお金を払わなくてもいい場合もありますもんね。

わが家の近所は狭いので、最初は助手席に乗ってスタート。
広い道路に出たところで、運転席に移動!
あかん、ドキドキがヤバい!

ブレーキ、アクセル、ウインカーの説明。
この辺はまだ私の記憶の中にはあるぞぉ…
でも、なんやろ、この変な汗は!!!

「今日の目標は、とにかく流れに乗ること!これだけで行こう。
あとは何も細かいこと言わないから、好きなように走らせて!
大丈夫、隣で補助するから!」

その言葉を聞く耳も、聞こえているのやら、いないのやら?
そのくせ、
「緊張しまくるので、なんか喋っていてください!」とペタはしっかり
注文を出すことを忘れず(笑)

免許取得後1度も運転していない、
純粋な(?)14年のペーパードライバー歴っていうのはすごいねぇ~

オートマ車なのに、カクンカクンして走れないんだもの。
ブレーキはガックンだし…

カクンカクンにガックン、そして何よりもフラフラ走っているやんか!

「フラフラしてますね」と話すと
「そうやねぇ、でもそんなん気にしないで行こう」と指導員の高田さん

気にするな!って言われても、ど緊張状態の私がふらついてるのが
分かるんやから、相当なもんやでぇ~~と頭の中で独り言。
私ってこんなにできひん子やったんやぁ(また、子って言ってますが💦)

でもね、ずっと隣でいろんなことを話してくれたので
集中しすぎて固くなりすぎることがなかったのが良かったです。
ま、あれ以上カチコチになったら大変なことになるけどね(笑)

今回は久しぶりと緊張で、視界が針の孔ほどに狭かった(小さかった)
気がするのよ(ちょっと小さすぎやろっ!)
だって、前の車のお尻と信号しか見えなかったもの。

ある交差点で、右折するために対向車が行き過ぎるのを待っていた時、
一瞬間が空きました。でも私にはまたやってくる対向車の姿が・・・

「今、行こうか!」と声をかけられ
「え???行けるぅ???」と聞く私。右折しながら、
「行けるぅ??って、行けると思っているから言ってるのに信用ないなぁ」
と言われてしまいました。
「信用していないわけじゃなくって、私の技量が信用できないのよぉ!」
と必死で返す私(笑)

最後の最後に、
「ナイトライダーの車が欲しかった」とある特定の年代にしか通じない
話をしたら、滅茶苦茶爆笑されたけれど、本気でそう思っていたんだもん。

3度ほど、「きゃ===っ!こわっ!!」という思いをして何とか終えた
お試し体験教習。(私以上に怖い思いをした人は沢山いたことでしょう)

でもどんな状況の時でも、笑い飛ばすように平気平気オーラ
いっぱいに出してもらったので、シーズドライビングスクールさんで、
ペーパードライバー教習を受講することに決めたのでした。

ほんまにお世話になりまする。。。


[PR]
by petahime | 2014-04-19 16:11 | ペーパードライバー教習

運転することなんてないと思っていたのに。人生なんて不思議。免許取得後、一度も運転していなかった女のペーパードライバー脱出ブログです。


by ペタ姫